ターコイズ・ディア・ボーン001

古来より鹿の角には金運UPと水難避けの効果があると言われております。鹿=財運と言われますが、「招き猫」や「カエル」は財運の象徴としては一般的に知られとてもポピュラーです。

昔、江戸時代の武士は、働いて得る給金の事を「禄(ろく)」と言いました。日本でも鹿をロクと発音する事から、「金」をもたらす象徴とされてきたという説があるのです。

その強く勇猛な見た目から「力の象徴」として鹿の角を兜につけていたようです。
山中鹿之助、酒井忠勝、本田忠勝、長宗我部信親なども力の象徴、神の使いとしてご利益がある鹿の角の兜をつけていました。鹿の角は、春に生え始めて翌年の春先には「角落ち」を経て新しい角へと生え変わります。

この鹿の生命力から、豊穣のシンボルとも言われます。その他にも、毎年角が生え変わる事から、「毎年厄を払う」という解釈もあるようです。

ターコイズ・カウ(牛)・ボーンは、アメリカの西部劇の酒場の壁などにも登場する魔除けの壁飾りです。今回制作した「ターコイズ・ディア・ボーン」も魔除けの壁飾りとして、金運・財運アップのお守りとして、近年日本各地で台風による水害も多く見受けられましたが、水難除けのお守りとしてもご活用ください。

産地: 愛媛県東温市

ターコイズ: キングマンターコイズ鉱山産(アリゾナ州)のターコイズチップを使用

サイズ: およそH50xW40xD42cm(壁掛けフックは添付しません)