天然石に簡単に穴をあけよう!


ラブラドライトなど、比較的に柔らかい天然石は短時間で穴が開く。

【天然石に簡単に穴を開ける方法(工具紹介)】
基本的に、アマゾンやモノタロウなどの通販サイトから買える工具で揃えています。
スピード調整付きのリューターで、何時間も使えるちゃんとしたものなら代用できます。
モーターが過熱するなどの理由で、15分程度しか動かせない粗悪なリューターは、穴あけの作業には使用できません。ご注意ください。工具はいいモノを大事に使う!これが大事です。

(消耗品)

(天然石に穴をあけるドリルとなる銅管)
1.銅管<銅丸パイプ>(パイプ外径Φ1.4mmx300mm)(モノタロウ:1組(2本)389円)2018年10月

(天然石を削るモノ)
2.ラッピングパウダー<GC研磨剤35ml>: #60(粗目)(モノタロウ:599円)
仕上げ研磨するなら: #220(中目)#600(細目)#1000(極細)(599円/699円/699円)

3.水道水(適量)

(工具)
ハンドリューター(低速回転600回転以下にコントロール/minできるものならなんでもよい)
(ファンテック)(モノタロウ:14,900円)、垂直ドリルスタンドⅡ(モノタロウ:3,890円)

工具を固定する台
垂直ドリルスタンドII(モノタロウ:3,890円)

必要な費用: 19,778円(税・送料・手数料別)

(天然石に穴をあける 基礎知識)

天然石に穴をあけるというのは、難しいことではありません。ある意味、根気がいる作業・・・かも知れません。

「雨垂れ石を穿つ(あまだれ、いしをうがつ)」ということわざがあります。

軒下のわずかな雨垂れの水でも、絶えず同じ場所に落ち続けていればいつしか硬い石にも穴をあける。
水でも穴があくんだから、、、、ね?人に出来ないわけがない!

私は忙しいので、さすがに雨垂れは使わないけど、銅の管と研磨剤を混ぜたた水を使います。
この銅の管で研磨剤を天然石にこすりつける事で、「ガリガリ・・・」と銅管と石の両方が研磨剤で削れていくのです。

銅管が短くなりながら、最終的には石には穴があいていく・・・という方法です。
硬い石は時間がかかります。(水晶などは1センチでも数時間かかるかもしれません。)

銅管は、高速回転・・・じゃ、ダメなんです。研磨剤をはじかない速度で、摩擦熱で水が乾かない速度を保つ必要があります。
研磨機では600回転以下で水研磨というのは基本中の基本。

摩擦熱は600度にもなると言われ天然石にダメージを与えるので、「リューターは低速が出来なきゃダメ!」鉄則です。

ゆっくりと回転する隙間に研磨剤が流れ込んで銅管と石の間でゴリゴリ・・・これが効率が良いと思います。勾玉などは、軸を回転させる火起こしに使われる、棒を回す道具で手で時間をかけて穴あけをしていました。
竹の軸などを使ったようですが、現代では、銅管で(安いから)十分!

ダイヤモンド ビットは熱に弱いので(摩擦熱でダイヤ粒子が炭化する)天然石に穴をあけようとするなら水中での作業は必須。それでも。普通の、回転数の高いリューターなんて使ったら、、、あっという間に摩擦熱が出てダメになるでしょう(^^;

穴をあけるのには、、、「摩擦熱」を抑えるというのが大事なんですよ。だから、低速回転での~んびり「ザリザリ・・・」がいいのです。

「市販の天然石ビーズって、どうやって穴をあけているのか?」
超音波を出すニードルの先端を固定した天然石にあてて荷重をかけ、金剛石などの研磨剤を混ぜた水をそこにゆっくり流すと、超音波の微細振動で研磨剤が天然石にこすれて(発熱する)穴があく・・・。という方法だと思います。
水は冷却の役目もするわけです。この方法でも「ニードル」は減るのである程度使ったら交換しないといけません。

今回の方法は、もっとも簡単に(お安く)天然石に穴をあけちゃう方法です。
いや、手でこする弓式が一番安い!のですが。。。そんなにのんびりもやってらんないのでw

まず、リューターを上下する何か。。。が必要です。同じ位置に先端をあて続けないといけません。
そして冷却も兼ねて研磨剤を入れ続ける必要もあります。

その制作から?と、思いましたが、、、このご時世・・・なんかあるだろ?と思いまして、

垂直ドリルスタンド売ってます。数千円です。

(簡単に、天然石に穴をあける方法)
1)リューターを上下させる台 <垂直ドリルスタンドIIを穴あけ工具専用に購入>
2)銅管を切り先端に取り付ける
3)研磨剤を水に混ぜる
4)天然石を台に固定する
5)銅管と研磨剤で天然石にゆっくりと穴をあける(回転数は600rpm/min以下)
6)穴の内側をきれいに研磨して仕上げる(透明石以外は、特にやらなくても良いです)
7)天然石ビーズの完成です。
8)研磨機で、丸く研磨します。(^^;えっ!?研磨機!?ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です