ターコイズ千夜一夜物語(0006)キングマンターコイズ

キングマン ターコイズ鉱山は、アリゾナ州北西部のキングマンという町にあり、北アメリカ最大で最も有名なターコイズ鉱山の1つです。今日私たちが目にすることができるほとんどのターコイズ ジュエリーは、アリゾナ州(USA)のキングマン ターコイズの特徴を持っています。

また、「high blue」というターコイズ用語は、このキングマン ターコイズの青色を意味します。一番多いキングマン ターコイズの色合いは、明るいブルーから非常に濃いブルーで、しばしばパイライトが混じりターコイズ価値を決めるターコイズ カラーの基準にもなっています。キングマン鉱山は、黒いベインをもつ明るいブルーの鉱脈でも有名になりました。

近郊のイサカピーク鉱山では、パイライト入りのターコイズが産出します。近年、キングマン鉱山の昔の地層(区画)を掘りかえしていて、若干の新しいナチュラル キングマン ターコイズを産生しています。この新しいナチュラル キングマン ターコイズは、ハイグレードで、非常に貴重なものです。

また、現在は国立公園のある地域にミネラルパーク ターコイズというターコイズが古くから採掘されていました。現在では、国立公園の為採掘などを行うことはできません。

キングマン地区には、多くのターコイズ鉱山か点在し、最大の鉱山(平堀り)は、直径30キロにも及びます。多くのUSAターコイズ鉱山が閉山する中、最大規模のこのキングマン鉱山は、今でもターコイズを産出しています。枯渇しないことを祈るばかりです。ターコイズの歴史は、わずか100年程度ですが、すでに相当数の鉱山が閉山してきました。掘りつくしたら終わる。それもターコイズの稀少性を高めています。

よくダイヤモンドを比較に出すのですが、ダイヤモンドは高いというイメージがあるからありがたいモノで、実際は人工ダイヤモンドがジャンジャン作られているので、近年では本来なら価値など無いに等しいのでは???と思う(個人的に)わけです。ま、炭素・炭ですからね。アレは。いうなら業界の闇。というか宝石屋の巧みなコマーシャルの先導で騙されているというべきか。。。

ターコイズの価値はそんな安っぽいものではないのです。(本物が入手できないので、偽物が世間一般に流通しているという構図を変えるわけにもいかないのですが。なんたって、需要と供給がこれほど釣り合わない天然石もないのです。

フォアテイルズフォックス