ナスカの地上絵を刻んだ石(Nazca Line Stone)

ナスカの地上絵は、古代インカ人により起源前1世紀~紀元後7世紀ごろに描かれたとされています。(1994年に世界遺産登録)しかし、一般的にはそれらが儀式で使われたのだという話と、それらは古代における地球外生物活動の証拠であると地球外生物の信者達は主張しています。なぜなら、30-120フィート(9m~36m)にも及ぶナスカ ラインは、地上から見るのには大きすぎます。20フィート(6m)の高所から見ると、それらの多くは最大1マイル(16キロ)続く三角形と直線を含む幾何学的な図形を描いています。ペルーのナスカ・ラトー地域の人々は、最も一般的な12のパターン(カエル、サル、コンドル、ハチドリ、ペリカン、魚、犬、トカゲ、タランチュラ、「宇宙人」、鳥と四足動物)その地域からの川の岩の上に、これらのナスカの地上絵を作りました。

 


 
Astronaut 宇宙飛行士 (南緯 14.7452 度、西経 75.0798 度)
Condor コンドル (南緯 14.6973 度、西経 75.1262 度)
Dog 犬 (南緯 14.7064 度、西経 75.1308 度)
Hands 手 (南緯 14.6945 度、西経 75.1139 度)
Hummingbird ハチドリ (南緯 14.6921 度、西経 75.1487 度)

Iguana イグアナ (南緯 14.6893 度、西経 75.1155 度)
Lizard 1 トカゲ 1 [ Reptile 爬虫類 ] (南緯 14.6931 度、西経 75.1142 度)
Monkey サル (南緯 14.7069 度、西経 75.1392 度)
Plant 2 植物 2 (南緯 14.6956 度、西経 75.1270 度)
Spider クモ (南緯 14.6941 度、西経 75.1223 度)

Tree 木 (南緯 14.6939 度、西経 75.1144 度)
Vulture ハゲワシ [ Pelican ペリカン ] (南緯 14.6945 度、西経 75.1327 度)
Whale 鯨 (南緯 14.8166 度、西経 74.9948 度)