ラピスラズリ、瑠璃(るり)の石

ラピスラズリは、アフガニスタン北東部のバタフシャン州から採掘されます。

ラピスとターコイズは、古代エジプト時代には宝石として珍重されていました。
砂漠地帯から採れる青い石はとても魅力的なものだったでしょう。
青い色に金色のパイライトがキラキラと混ざり、星がきらめく夜空を連想させます。
最高級のバタフシャン産のラピスラズリを研磨しました。いくつかある鉱山の中でも色の濃いラピスを産出する鉱山からのもので、仕入れ単価も高いものを研磨しています。

ラピスラズリは、幸せを導く石としても有名で神聖な石は魔除けの意味をもつといわれるパワーストーンとしても人気があります。

「押すなヨ!押すなヨ!」のコーナーに、240円~1,000円で販売中です。

Follow me!