カンデラリア ターコイズと、アンモライトのペンダント

カンデラリア鉱山は、元々は明るいブルーのターコイズを生産しましたが、今日では青色は非常に稀で滅多に見られません。カンデラリア・ターコイズは、明るいシーブルーに断続的な黒か茶色のマトリックスをもつ質のよいターコイズを産出した小さな鉱山の1つです。カンデラリアは、さらにライトグリーンとダークグリーンの色調のターコイズを産出しています。また、稀に美しいシュードモルフォ(仮晶;(pseudomorph)二枚貝の化石の表面がターコイズに置き換わったもの)も産出します。

アンモライトは、アンモナイトの化石(白亜紀)がオパール化してできる石で、風水的には「力のある石」として用いられ、パワーストーン的には、幸運を呼び込む、ヒーリング効果を持つなどと言われています。ペンダントを作る時は、シルバーの枠を作り・・・という固定概念に縛られることなく、アンモナイトをレジンで処理して硬度をあげてダイレクトにアンモナイトのペンダントにしました。

枠が邪魔だったので、取っ払っちゃいました・・・。というペンダントになりました。
バチカンはオリジナル・デザイン、4つ打ちレザーコードは太く丈夫で軽いのでチェーンのように首に食い込むこともなく、装着感がとても良いペンダントです。

カンデラリア ターコイズ(シュードモルフォ)は、二枚貝の化石がターコイズに置き換わったもの。
アンモライトは、アンモナイトの化石がオパール化して宝石となったものです。

フォアテイルズフォックス

Follow me!